他社アプリとの関係

todayeeで投稿したノートを純正アプリや他社のアプリで編集するとレイアウトが崩れることがあります。これは todayeeがノートに書き込んでいる管理情報を他のアプリが消してしまう為です。現在確認できている現象は次の通りです。

  • 改行がなくなってしまう
  • 当日のこれまでの投稿の並びが変になる

この為現状は編集を避けることを推奨します。

ご不便をおかけして申し訳ありません m(_ _)m

 

 ノートに埋め込まれる情報

todayee の共通設定は本日作成したノートに見えない情報として埋め込まれます。この為、設定後に投稿を行わないと反映されません。todayee の各アプリは起動時にエバーノート上の本日のノートに保存されている共通設定を読み取り、それぞれの共通設定へ反映します。
※ エバーノートのAPI制限を考慮して反映は最短でも10分間に1回だけです。10分以内に複数回起動しても読み取りは行われません

 

 複数タイムゾーンには未対応

todayee は複数のタイムゾーンで同日使用することに対応できていません。同様に複数の使用言語での利用にも対応できていません。これらが異なるデバイスで使用した場合、投稿に掲載される時刻やその表記はいずれかのデバイスのものが優先されます。

 

 地名について

次の場合にはノートに地名が掲載されないことがあります。

  • サービスとの通信に問題があった
  • サービスにて接続制限が行われた
  • 投稿時点で位置情報が取得できなかった

 

外部との通信

todayee アプリ(以下「アプリ」)はエバーノートのサービス並びに lakesoft(以下「当事業者」)が用意したサーバと以下の通信を行います。

エバーノートとの通信
  • アプリは、ユーザが入力した情報またはユーザが選択した写真等の端末内の情報を、ユーザの操作によりエバーノートへ送信します。
  • アプリは、1日の投稿内容をまとめるために、アプリが前回送信したノートの内容をエバーノートから読み取ります。
  • アプリは、送信成功後に上記の情報を端末から削除します。
  • アプリは、エバーノートよりノートブックとタグの一覧情報を取得します。取得した内容は設定画面のそれぞれの設定項目にて確認することができます。
  • アプリは、エバーノートに登録されているアプリ以外が送信したノートから情報を読み取ることはありません。
当事業者が用意したサーバとの通信
  • アプリは、機能上の必要性によりエバーノートとの通信の前に当事業者が用意したサーバと通信を行います。
  • この通信は、複数端末から同時に送信を行なう場合に生じる問題を回避するために行うものです。詳しくは下記ブログを参照してください。
    【番外】AWS Lambda / API Gateway / DynamoDB を使ったサーバレスなネットワークロック機構
  • この通信に含まれる内容は、エバーノートの1ノートごとに割り当てられるGUIDに非公開の文字列を連結した後に不可逆な関数(ハッシュ関数)を適用した結果の文字列です。
  • この文字列はその性質上、元の GUIDを復元することは非常に困難なものです。
  • この情報には個人情報および使用端末を特定できる情報は含まれません。
  • この情報を第三者に渡すことはありません。
  • より詳細な情報が必要な場合は当事業者までお問い合わせください。
Google社サーバ(Fabric)※バージョン 2.2.0未満(2.2.0以降は廃止)
  • アプリは、操作やクラッシュに関する情報を Google社が提供するサービス Fabric を利用に送信しています。
  • これらの情報は当事業者が利用状況の解析および保守のためにのみ利用します。
  • これらの情報を第三者に渡すことはありません。
  • 通信には個人情報および使用端末を特定する情報は含まれていません。
  • サービス利用は 2.2.0以降は行われません。